アロマリフレ

アロマリフレ · 09日 12月 2019
久々にアロマの話題です。 数ある精油の中で、私がこれまで最も多く使ってきた精油は何だったか? それは、間違いなくラベンダーです。 「アロマテラピー」という言葉を命名した、アロマの父とも称されるルネ=モーリス・ガットフォセ。 アロマ検定の歴史問題でもおなじみですね。...
アロマリフレ · 09日 11月 2019
こんにちは。今澤です。 さて、下の写真で示したピンクとブルーの部分は何の反射区でしょう? 答えは、この反射区を、「すーーっとペパーミントでリフレクソロジー」とご紹介したこの記事内に↓ ペパーミントですーーっと反射区も ペパーミントへの愛情をより深めていただくために、前回紹介しきれなかった部分のご紹介です。 ◆ペパーミント◆ 科名:シソ科...

アロマリフレ · 02日 11月 2019
こんにちは。今澤です。 GLAYはテル含め4人でオール(テルピネン-4-オール)、 曲はサビが勝負やネン(サビネン) アロマ検定受験者向けに、このような強引な成分の暗記法を取り上げた回がスイートマージョラムの回でした。 スイートマージョラムへの愛情をより深めていただくために、前回紹介しきれなかった部分のご紹介です。 ◆スイートマージョラム◆...
アロマリフレ · 28日 10月 2019
伝説のホストROLAND氏。 彼は、仕事着にたった1着のタキシードしか着ないそうです。 「1つしかないからこそ愛情を注げる」 「1つしかないからこそロマンを感じられる」 ROLAND氏談 これは他の色々なものにも共通して言えるのではないでしょうか。 たとえば、アロマだって。 極端にいえば、アロマリフレで使ううえで精油はラベンダーだけでもいいと思うんです。...

アロマリフレ · 23日 10月 2019
こんにちは。今澤です。 前回、アロマは、体に対する効能だけでなく心に対しての効能もある。 と書きました。 今回は、その具体例に少し触れたいと思います。 これまで体の症状別にご紹介してきました精油をそのままとりあげます。 レモングラスー心に元気を与えてくれる スイートマージョラムー気持ちを鎮め、悲しみや孤独感をなぐさめてくれる...
アロマリフレ · 19日 10月 2019
こんにちは。今澤です。 これまで症状別アロマリフレを、駆け足でご紹介してきました。 ここで一旦、これまでのおさらいをしたいと思います。 肩こり- レモングラス 腰痛-スイートマージョラム 胃痛-ペパーミント 月経痛-ゼラニウム のど痛-サンダルウッド 肝臓強化-グレープフルーツ 精油の特徴を覚えるにあたり、頭が混乱してしまう。...

アロマリフレ · 15日 10月 2019
おはようございます。今澤です。 突然ですが、あなたはグレープフルーツはお好きですか?    グレープフルーツと聞いて、普通の人ならまず浮かぶのはその味覚だと思います。  あの甘酸っぱい味覚、浮かんできましたか? それでは、嗅覚からのイメージは湧いてきたでしょうか? グレープフルーツのあの香り、実はアロマの精油でも感じることができます。...
アロマリフレ · 10日 10月 2019
こんにちは。今澤です。 今回の記事では、これまでご紹介してきましたアロマリフレのやり方を、もうすこしわかりやすくご紹介していきたいと思います。 アロマリフレを行うにあたりまして、 1.まずはビーカーを用意します。 全身トリートメントと違って、足メインのリフレクソロジーでしたら50mlの小さめのビーカーで十分です。 計量カップなどでも構いません。...

アロマリフレ · 08日 10月 2019
こんにちは。今澤です。 前回ご紹介しました足裏、いや足の甲の反射区。 そうです。足には足の裏だけでなく足の甲側にも反射区があるわけなんですが、 母趾(足の親指)の付け根周辺に存在する扁桃腺、声帯、のど、気官の反射区。 それをピックアップして今回はご紹介したいと思います。 (ピンク:上顎、赤:下顎、青:扁桃腺、緑:声帯、のど、気官)...
アロマリフレ · 05日 10月 2019
こんにちは。今澤です。 前回は、内分泌系(ホルモン分泌)調整作用に優れていて、 生理のリズムの乱れを整えたり、月経痛、更年期障害の緩和によく用いられる精油をご紹介しました。 さて、なんの精油だったでしょう? 答えは、 フクロウ ではなく、フウロソウ科のゼラニウムでした。...

さらに表示する