簡単解剖学

簡単解剖学 · 07日 9月 2020
施術者 「ここは脾臓の反射区です。」 客「脾臓??そういえば、『君の脾臓を食べたい』って映画があったっけ? いやいや、脾臓じゃない。あれは膵臓か。『君の膵臓を食べたい』か。 ところで先生、脾臓って何?」 そんなことを聞かれてあなたなら、脾臓のこと説明できますか? おはようございます。今澤です。...
簡単解剖学 · 25日 3月 2020
肺は、右肺と左肺で一対をなしています。 右肺は上葉、中葉、下葉と3つの部分に分かれているのに対し、 左肺は上葉と下葉しかなく、大きさも右肺よりも小さくなっています。 これは、心臓が左肺寄りにあるためです。 ちなみにこちらは、足裏にある肺の反射区。 右肺を表す右足の肺反射区の下には肝臓の反射区があります。...

簡単解剖学 · 23日 8月 2019
こんにちは。今澤です。 先日、同級生から何年かぶりの電話がありました。 結婚式への招待に関する内容だったのですが、久々の会話に花が咲き、お互いの今の仕事に関しても話が進みました。 その中で私からリフレクソロジーという言葉を出すと、 「リフエス?リフエスオロジー??何それ?」 みたいな返答が返ってきました。...
簡単解剖学 · 13日 6月 2019
こんにちは。今澤です。 実はこんな反射区もありますシリーズ。 今回は、肩甲骨です。 反射区の場所の紹介の前に、 まずは肩甲骨の名前の由来から。 肩甲骨の中の「甲」という字には様々な意味合いがありますが、 恐らくこれが当てはまるでしょう。 「カメやカニの体を覆う硬い殻状のもの。こうら」...

簡単解剖学 · 28日 5月 2019
こんにちは。今澤です。 今日のタイトル、体の中で最も長い臓器、 それは、 小腸。 「小」とつきますが、実は大腸よりも長いんです。 日本人の平均的な小腸の長さは約6メートル!(大腸は1.5メートル) 小腸の粘膜には腸絨毛という無数の突起があります。...
簡単解剖学 · 19日 4月 2019
こんにちは。今澤です。 無料で順番にリフレクソロジーを学びたい方は コチラ から! 松田優作さん主演の「家族ゲーム」という映画をご存知でしょうか? 劇中、高校受験生の茂之が仮病を使って学校を休もうとするシーンがあります。 その時の台詞が、 「す、すい臓が痛い。」 でした。...

簡単解剖学 · 08日 4月 2019
こんにちは今澤由章です。 空のときは、 500ml 満タンの時は、 1.5L これは、なんと人間の大人の胃の、 最小時と、最大時の大きさ目安です。 最大で、あの大サイズペットボトルほどの容量にもなる胃の中の食べ物は、胃酸によって消化されます。 その時、自分の胃まで消化しないように、胃粘液が胃の粘膜を守っているんですね。  ...
簡単解剖学 · 23日 3月 2019
パセドウ病。 そんな病名を聞いたことがあるでしょうか? 某有名歌手、ミュージシャン、サッカー選手などがかかった事でも話題になった病気です。 パセドウ病と関連の深い器官というのがまさに前回ブログで取り上げた甲状腺。 甲状腺が分泌している甲状腺ホルモンは、 体の新陳代謝を活発にしています。...

簡単解剖学 · 15日 3月 2019
甲状腺の役割のご紹介です。リフレクソロジー
簡単解剖学 · 09日 3月 2019
足裏の肝臓の反射区と肝臓の機能のお話です。

さらに表示する