感触、香りを感じましょう

 

こんばんは。今澤です。

 


 

一体、

 


 

どんな感触なのか?

 


 


 

どんな香りなのか?

 


 

呼吸器系のトラブルや、皮膚の再生を助けてくれる反射区と、精油とをセットで前回お伝えしましたが、やはり、気になるのはその触覚と嗅覚ではないでしょうか?

 


 

前回の記事で、肺の反射区鼻の反射区喉周辺の反射区 と書かれているところをクリックするとそれぞれの刺激法を含む概要ページにつながるのはお気づきになったでしょうか?

 


 

文章でのおおまかな説明ではありますが、それぞれの反射区への刺激、そしてそれによる体の反応を簡単にでもご確認いただけるかと思います。

 


 

次に、嗅覚に関して。

 


 

ネット通販の普及によって、アロマオイルも手軽に手に入れられる時代になりました。

 


 

アフィリエイトブログみたいになってしまうのは嫌なので、ここではリンクは貼りませんが、「フランキンセンス」と検索するだけでも簡単に販売サイトにたどり着けます。

 


 

いきなり購入するのはちょっとという方におすすめなのは、アロマを販売している店舗に行ってみること。

 


 

たいていのお店では試食ならぬ試嗅ができます。

 


 

私がよく試嗅や購入で行くのはアロマブルームというお店です。

 


 


 

ネットや書籍などで様々な方が様々な表現でこの香りを説明してます。

 


 

ウッディーでクリーンな香り。

 


 

ほんのりした香り、

 


 

神秘的でスピリチュアルな香りなんて表現もありました。

 


 


ウッディーという表現に関しては、抽出部位が樹脂であることから、

 


 

神秘的という表現に関しては、イエス誕生の時、東方の三賢者がフランキンセンスを贈りものにしたという言い伝えなどが関連していると思われます。

 


 




 


 

そういった情報と香りとを結びつけるのもアロマを覚えていくのに良いかもしれませんよ。