サムウォーク リフレクソロジー

 

症状別セルフリフレクソロジーの実践。

 

今回は、膝痛の為のリフレクソロジーです。

 

 

まずはこのテクニックを覚えてみてください。

 


Thumb walk(サムウォーク


サムウォークとは、



Thumb(親指)、



Walk(歩く)



の言葉通り、親指が歩くような動きで足裏に刺激を与えるテクニックです。

私がロンドンで修行をしていた時に、現地のセラピスト数名から直接学ばせていただきました。

セルフリフレには、ツボ押し棒などを使うのも便利ですが、まずは

 

道具を一切用意する必要がない

 

初心者の方にも刺激が強過ぎない

 

という利点からこのテクニックを選ばせていただきました。

 

 

やり方は、

 


親指を立てる、

image


寝かせる

image


この2つの動きを行いながら指を前に進ませていくだけです。

爪が当たらないようご注意ください。

 

 

さて、このテクニックを使って冒頭で挙げた「膝痛の為のリフレクソロジー」をご紹介したいと思います。

 

膝に関しては、足裏との距離が近いだけに、もう少し手を伸ばして直接揉んだ方が早いのではないか。

 

そもそも、足裏に膝の反射区なんてあるのか?

そんな疑問を持たれる方もいるかもしれません。

 

心配なさらないで下さい。 

 

膝の反射区

 

ちゃんとあるんです。

 

こちらが膝の反射区。(ピンク色部分)

これまでにいただいたIma the Therapy School 卒業生の施術アンケートから、
 
膝痛に関連して特に印象的だった例をご紹介したいと思います。
 
「膝の痛みが全くしません。

ビクビクしながら重い物を運んでいたのですが、最近は気にせず、仕事が出来ております。人間、痛みがないと少し前の辛さを忘れてしまいます。本当の感謝しております。」

 

~今澤から~

つらい膝の痛みを抱えながらのお仕事。
お仕事ですから痛くても休めません。


そんな苦しんでいる人を、全くの未経験からリフレクソロジーを習得した卒業生の町田さんが見事に救いました。

 

このアンケートを私に見せてくれた時の笑顔は今でも忘れられません。

 

 

 今回、こちらのブログからは、簡単にできる膝のセルフリフレ法をご紹介したいと思います。

 

前回記事でご紹介しましたサムウォークで、反射区周辺を刺激すると良いでしょう。

 

足裏側から
足側面から
 

 

 

注意
 
・熱がある方


・アルコール飲酒後の方

・妊娠中の方(妊娠4か月以前の方)

・高血圧の方

・骨粗しょう症の方

・重度の病気療養中の方



などはリフレクソロジーをお避けください。