リフレテクニック · 08日 4月 2021
西洋式リフレクソロジーのテクニック、サムウォークで 腎臓、輸尿管、膀胱の反射区を刺激してみましょう。 反射区の場所、大まかな捉え方としはこんな感じです。 実際の反射区は腎臓がもう少し小さくなってこんな感じです。(左足) 東洋式では、ココ↓を使って刺激をしていたのに対し、 西洋式では、ココ↓を使って刺激をします。...
リフレテクニック · 06日 4月 2021
これまで東洋式のリフレクソロジーテクニックの一部を公開してきました。 今日からは西洋式のテクニックもご紹介していきたいと思います。 西洋式リフレクソロジーの代表的テクニック、サムウォークとは、 サム=thumb(親指) ウォーク=walk(歩く) つまり、親指が歩くような動きで足に刺激を与えるテクニックです。 おおまかには、...

05日 4月 2021
あなただけの為のレッスンだから、聞きたい事を聞きたいだけ質問できます。苦手なテクニックもとことん納得がいくまで鍛えられます。 完全マンツーマンレッスンだから、他の生徒さんに気を遣う必要はありません。あなた主体で良いのです。 はるばる岡山県から短期集中でリフレクソロジーを学びに来られた石川さん。...
お知らせ · 04日 4月 2021
● 南青山でとことん学べるマンツーマン リフレクソロジースクール 皆様こんにちは。イマザセラピースクール講師の今澤 由章です。 レッスンが終了した頃には、 永年の左首すじの痛みがとれていた事に驚きました。 (スクール卒業生の声から) 手に職つけられて、自分自身の健康維持にも役立つ。...

その他 · 03日 4月 2021
本日の内容は、リフレクソロジーをもっともっと本格的に学びたいという方だけお読みください。 私が製作しましたリフレクソロジー学習アイテムのパワーアップバージョンのご紹介です。 リフレクソロジー通信教材を 業界最安値級で! 最高効率で学べる内容で! そんな想いで8年前に製作した教材。 「リフレクソロジーを本格的に学びたい。」 でも、...
リフレテクニック · 01日 4月 2021
前回のつづき。股関節の反射区に関してですが、 外くるぶしの周り(青)は股関節の外側に関連 内くるぶしの周り(ピンク)は股関節の内側に関連していると考えられています。 刺激の仕方は、外くるぶし、内くるぶしの周りを親指と人差し指で支えながら、中指のココ を使って円を描くようにすべらせながら刺激を与えていきます。...

足裏反射区 · 31日 3月 2021
今回は股関節の反射区をご紹介したいと思います。 股関節は体に大小、沢山ある関節の中でも最も大きな関節ではありますが、上半身の重みを支え、下半身からの衝撃に耐え、常に負担がかかり易い部分です。...
リフレテクニック · 28日 3月 2021
「肩が痛い、腕が上がらない。」 そんなお悩みを持った方々へ肩関節及び、腕の反射区への刺激を前回ご紹介しましたが、 さらにもうひとつ、ご紹介してしまおうと思います。 肩甲骨の反射区への刺激です。 腕を挙げる動きには、肩甲骨の動きも非常に大きく関係しています。 こちらが肩甲骨の反射区。(ピンク色部分)...

リフレテクニック · 25日 3月 2021
「肩が痛い、腕が上がらない。」 四十肩、五十肩の方を含め、こんなお悩みを持った方々へご紹介したいのが今回の肩関節及び、腕の反射区への刺激です。 足には体全身が反映されていますから、 下の絵のピンク色部分は、 足ではこの部分(ピンク色部分)に対応しています。 ここにクリームをつけ、手の親指の腹を使って...
リフレテクニック · 22日 3月 2021
足の反射区は、 左足には左半身、右足には右半身が反映されています。(神経が頭部の下で交差している為脳及び、頭部に含まれる器官は左右逆になります。) つまり、左半身にある心臓、脾臓は左足に、 右半身にある肝臓、胆嚢は右足に反射区が存在するわけです。 心臓 - 全身に血液を送るポンプの役割 脾臓...

さらに表示する